ダイエットと食事について思うこと

体重が増えると、つい食事を控えめにしなくちゃと思ってました。

しかし、ダイエットを再開してからは普通にしっかり食べています。

 

30代までにしていたダイエットは、いわゆる〇〇ダイエットや、食事を減らすということです。

若い頃は、ちょっと食事を減らすとすぐ体重が減ってダイエット成功、でもしばらくするとリバウンドの繰り返し。

そして、年をとるにつれて食事を減らしても体重が減らなくなっていきました。

 

今なら分かる。

一時的に体重は減ったけど同時に筋肉も落ちて、どんどんヤセにくい体を作っていたんだということが。

 

しかも、食事を減らすことで栄養が不足し、お菓子食べたい欲求がものすごかったです。

夜ご飯を食べてお腹はいっぱいなはずなのに、何か食べたい!と毎日のようにスナック菓子を食べていました。

去年の春頃から、たくぱく質多め、糖質少なめの食事になるように気をつけたら、お菓子食べたい欲求が少しずつ減っていきました。

 

ちなみに私、パスタ・うどんなどの麺類、ご飯もの、粉物など炭水化物大好き人間です。

控えてやっと普通の人と同じくらいの勢いで食べてましたので、いわゆる糖質制限は行っていません。

そして繁忙期の11月、12月に炭水化物の一品料理+お昼ほか弁orコンビニ弁当生活を送ったら見事にリバウンド。

食事って大事だなと実感しました。

 

本当は1週間くらいPFCバランスやカロリーのチェックのために、カロリー計算をしないとなと思っていますが、まだ取り組めていません。

1個1個計算するの面倒くさそう…。

でも、ダイエットするには食事改善は必須。

そのためには、現状把握は必要です。

頑張れ、私!! と今日は励ましておく。