【神戸旅行】ハシビロコウを見に神戸どうぶつ王国へ行ってきた

今回の旅行の1番の目的は動かない鳥として有名なハシビロコウを見に行くこと。

前回に続き、今回の記事も写真多めです。

三宮駅からポートライナーに乗り約15分。

京コンピューター前駅で降り、駅を出たらすぐ神戸どうぶつ王国です。

 

お目当てのハシビロコウさん発見。なぜかさん付けしてしまう(笑)

ちなみにこの子はメスの“マリンバ”。もう一羽オスの“ボンゴ”がいるんですが、今は那須どうぶつ王国へ婿入り中とのこと。

ハシビロコウ

ハシビロコウ

動かないと聞いていたけど、周りに他の動物たちがいるせいか思ってたより動く。毛づくろいの様子も動画に収録。

ペリカンショーがあっていた時に、飛んでいる姿を見れました。 すごくラッキー♪

ハシビロコーヒー

この写真を撮りたいがために、コーヒーを購入する私。

 

寝相がすごいで賞、ダントツ1位のナマケモノ。きつくないのか?

ナマケモノ

2位のカンガルー。

カンガルー

 

アルダブラゾウガメとケヅメリクガメのお食事タイム。こどもと並ぶと大きさが際立つ。

リクガメ飼いたーいと思って数年の私には至福の時間。しっかりおさわりしてきました。

リクガメ

鹿と一緒に食事中。なかなか見れない景色です。

リクガメと鹿

 

この神戸どうぶつ王国、動物たちとの距離がすごく近くてビックリ。

入ってすぐの鳥たちのエリア、檻がないのに結構大きな鳥たちもいるし、キツネザルもあちこち歩きまわってます。

20年くらい動物園には行ってなかったので今は違うのかもしれないけど、象は象、キリンはキリンと1種類の動物が檻の中に入れられていて、少し離れたところから見るというのが私の中の動物園のイメージ。

もちろん、ここでも動物の種類によってはそのようになっていますが距離感は近い気がする。

エリア内でいろんな動物たちが一緒にいるし、檻もないので近寄って見ることもできます。

だから上のリクガメと鹿のような珍しい景色も見れる。

動物たちにえさをあげたり触ったり、ショーも行われていて大人でもめちゃくちゃ楽しめました。

 

ラクダ

ラクダ乗ってみたかった。私が行った時は受付終了してて残念。

カピバラ

えさをもらうカピバラ。

 

場所移動をしていたハシビロコウさん。

ハシビロコウ

ここでスマホの充電切れ。モバイルバッテリーをバッグから移し替えるのを忘れるという痛恨のミス。

もっともっと写真撮りたかったです。

しっかりハシビロコウグッズを手に入れ、三宮へ戻りました。

朝食べ過ぎて、お昼は食べなかったので夕方早めの夜ご飯。

せっかくなので神戸牛をいただいて、旅行は終了。

歩きまわってクタクタになりましたが、充実した一日になりました。