漢方薬の上手な飲み方

漢方薬を飲むときにいつも思うのが、「苦い」「飲みづらい」ということ。

普段薬を飲むときは錠剤がほとんどなので、粉薬を飲むのは苦手です。

しかし最近、苦味を感じにくい飲み方を教えてもらい、上手く飲めるようになりました。

・まず口に1〜2口程度の水を含みます。

・口に水を入れている状態で、漢方薬を口の中に入れます。

・一気に飲みます。

・その後に水をたっぷり飲みます。

 

ポイントは先に水を口に含んでおくことでした。

私は、薬→水の順で飲んでいたので、水を口に入れたときに漢方薬が口の中で広がってしまってました。

ただでさえ苦いのに、口の中に薬が残ってしまい何口も水を飲んでやっと薬がなくなる状態。

水→薬→水の順だと、口の中に薬が広がらないので苦味を感じにくいです。

 

いいことを聞いた!と会社の同僚に話したら、そりゃそうだろうという反応。

えっ、これって常識だったの?