【読書】「好きなこと」だけして生きていく by心屋仁之助

心屋仁之助さんの「好きなこと」だけして生きていくを読みました。

グサッときたのが、次の文です。

「自分が、自分が」と頑張る人は、他人を信用していないことになります。[中略]他人を信用していない人は、自分しか信じないように見えますが、本当は自分のことを一番信用していません。

これ、まんま私のことだと思いました。

 

仕事で自分だけが忙しい時に「手伝って」と言ったら、嫌がられるかなと思ってなかなかヘルプが出せない。

小さい頃から「いい子じゃないと」と思って、素の自分をさらせない。

私なんて、私はこんなだから、と考えてしまう。

私は、素の自分を信用していない。だから頑張ってよく見せないと相手にされないと思っている。

人に嫌われたくないからと、「ラクな生き方」をしていたんですね。

 

でも、今の生き方は嫌だ。

もっと自分を信じて、楽しい人生を送りたい。

自分が自分を粗末に扱ったらダメなんだ。

 

まずは本書にあるように、私はすごい人「ということ」にしよう!